About us

Wen-Do(うぇん どう/ウェンドー)とは

女性のためのセルフディフェンスで、誰もが力を発揮できるまちづくり

 

(1)女性が安心安全と尊厳を取り戻す

(2)つながりや輪で支え合う

(3)境界意識で自他をまもり、尊重する

 

Wen-Do(ウェンドー)は「世界が変わる わたしのお守り」。

 

女性のための、女性による、暴力からのセルフケア・プログラムであり、セルフディフェンス(護身法)。

『女性の力で女性の暴力被害を減らす』プログラムです。

 

護身法でありながら、短時間単発で開催ができます。特別な鍛錬は要らず、子どもから高齢女性まで参加できます。

 

多くの女性がDVや性暴力やハラスメントなど「身近な人物からの暴力」に苦しんできました。

 

身近な人物からの身体的危害がすぐそこに迫ったとき、どのようにして逃げるのか。知っておくべき知識は何か。Wen-Doではそこを実技講習で体験的に学びます。

 

Wen-Do Japanについて

 Wen-Do Japanは日本で最初期から継続的にWen-Doを手掛けてきた、民間の任意グループです。日本でのWen-Doの普及から講師養成までをトータルで手がけています。

 

活動内容

・Wen-Doの普及

・講習事業

・女性や社会的弱者のエンパワーに資する各種事業

・講師養成事業

・上記のほか、暴力防止およびエンパワーに役立つ情報発信等

現在の活動状況

  

●実技ワークショップ:対面/オンライン どちらもOK

 実技講習(ワークショップ)専用の動画(85分)をご用意しています。それにより、自宅と会場どちらからも受講可能なハイブリッドな講習開催が可能となりました。講師交通費の負担も生じません。

 対面型でのワークショップもお受けしています。

 

●講演:対面/オンライン どちらもOK

 対面で集いたいけれども実技を大人数で行うことには慎重でありたい方には、講演形式で女性の護身や暴力防止についてお伝えします。

 

開催の概要

・ワークショップや講演(情報を公開し参加を告知で募る事業)は、参加者3人以上からお受けします。2人以下の場合、個人対応として承ります。

 

・対面型講習での定員上限目安は20人です(相談可)

 

実 績

(C)Wen-Do Japan  Wen-Do実績

●カナダでは1972年から約50年。女性用護身プログラムとしては最も長い歴史を誇るプログラム。

 

●アメリカ、ニュージーランド、日本、ヨーロッパ、アフリカなどにも広まっています。

 

●日本では2002年頃から日本人講師によって本格普及を開始。

 各地自治体や男女共同参画推進の拠点センター事業、学校や大学、NPO等民間団体での研修など。北海道から沖縄まで、各地での多数採用されてきました。

主なあしあと

 

2002年:日本でのWen-Do講師誕生(代表、福多唯含む)

     日本でのWen-Do講座の普及を開始

      北海道から九州地方まで、全国各地自治体等主催の市民講習として継続的に開催多数

2004年:カナダでのトレーニングに参加(福多唯)

    日本で初のWen-Doインストラクター認定を得る

2011年:カナダでのインストラクタートレーニングに福多が指導陣側の

一員として参加、日本人初かつ唯一のマスターインストラクター認定を得る

    UN Women日本国内委員会により全国50カ所でWen-Do開催

2012年:Wen-Do40周年(日本では10周年)

    カナダ・トロントで記念式典にて福多がスピーチ

    金沢市内小学校等での親子護身術 開始

2013年:日本でWen-Do講師養成トレーニングコース 開催

2015年:    〃             第2期 開催

2016年:国内トレーニングでのWen-Do講師(プログラムガイド)誕生

2017年:新講習の普及開始

     ・CLDエキスパートコース 

     ・心の護身とセルフケア「ゆらっく」

     ・女性のためのクリティカル・シンキング

    石川県デートDV防止講演受託(高校・大学生対象)(継続中)

2018年:日本女性会議  金沢大会開催(実行委員)

2020年:心の護身「ゆらっく」 ワークブック刊行

2021年:オンライン活動「ゆらっくトーク」の開始

     動画シリーズ 公開開始(You tubeなど)

    『Wen-Do オンライン版』の開始

2022年:『Wen-Doワークショップ・ウェビナー』の開始

    カサンドラ女性のためのクリティカルシンキング

    Wen-Do50周年(日本では20周年)

Wen-Do 体験者の声

↑小4で母娘講座に参加してくれた女性が、中1になってから作ってくれました。Wen-Doを覚えていてくださってありがとうございます。

 

・目からウロコ体験の連続!

 思い込みが沢山あったことに気づきました。

 

・いわゆる護身術のイメージとは全然違う講座でした。

 ポイントを覚えるための語呂合わせなども覚えやすいです。

 楽しかったです。元気になりました。

 

・質問に対して「どうなったら安心できそうですか?」と対応していただき、ハッとしました。

 何が危ないか…ばかりをずっと考えていたのだなと。

 これからはもっと、自分が望むことは何か?にも焦点を当てていこうと思います。 

Wen-Doの基本発想・メッセージ

※スマホでは、表を左右に指でスライドさせると読めます。

 

  ありがちな発想・方法 Wen-Do
女性は 非力/か弱い

力を持っている

暴力被害を減らすには

狙われないようにしよう

自分の力と可能性を知る機会を増やす

抵抗を

生半可に行うのは危険。自分を過信せず慎重に行動すべき

するかしないか、タイミング・方法など、全て決めるのは『そのときの私』。自分を信じる。

声をあげると 加害者が逆上するかもしれない

呼吸とパワーを取り戻せる

護身の「意識を高める」とは 加害者の手口や酷さを知り、危機意識を持って、決して気を緩めないこと

被害にあいかけた人がどのように逃げたのかなどの情報を知り、広め、力まない自己のありようを探求すること

護身動作の練習は 相手役が必要な動作が多い

ひとりでできるものから始められる

 

メルマガの最新号や登録はここからどうぞ。

購読は無料です