Wen-Doを開催するには

→内容と時間、講座準備などはこのままこのページにて

 

→対象、定員、会場などは詳しい開催要綱へ

 

講習代金・諸費用について

 

 

 Wen-Doプログラムは、ワークショップ形式が基本形です。女性のために整えられた身体的な護身動作を、実技にて学ぶことができます。

 

・実技とレクチャーが交互に無理なく進行します。

・講習時間は自由設定です。

・参加定員は4人〜20人程度(講師ひとりあたり)。

 

 ★2〜5人の少人数個別学習会ご参照ください。

 講演についてはこちら

Wen-Doワークショップの時間と内容

おためし・体験講座 45分〜90分程度》

 気軽さでは最人気です。やさしくて覚えやすく、負担のない基礎動作を中心にしながら、。

 小学生、ご高齢の方にも好評です。

 

入門講座 120分〜240分(4時間)程度》

 充足感で最人気で研修などにおすすめです基礎の動作はもちろん、口頭対応、女性の視点での女性サポート、自分で答えを見つけるための思考術や第三者介入の方法など、他にはないオリジナルな内容です。

  

1日以上での基礎講座

 対女性暴力の知識を整理・理解し、入門までの内容と、武器対応・床技の基礎等を学びます。基礎とは言え、一般女性用の護身としては十分なボリュームです。

 

 Wen-Doの講師活動を希望のかたは、1日以上のWen-Doが含まれるコース(CLDエキスパートコースなど)の修了が必須となります。

 

 

Wen-Doワークショップへの参加は女性のみ

Wen-Doのワークショップは、女性の参加動機を配慮して、講師陣、参加者ともに原則女性を対象としています。

(男性も参加・同室の場合には講演にて対応いたします)

 

開催までの流れ

10ヶ月前〜2ヶ月前頃:概要の決定

・事業主旨の確認と合意

・講座の運営方法や予算の決定

(手持ち予算で、助成金や補助金で、参加者の参加費で…等)

・日時と会場の決定

 

3ヶ月〜2ヶ月前頃:広報や告知、講座内容打合せ

講座タイトルや内容、流れ等を相談・決定します

・広報内容のご準備(主催者さん)

・会場設営などの確認

 

1ヶ月前〜1週間前頃:受付対応や当日の準備

・参加者確定

・配布資料などの準備

 

講座当日:どうぞよろしくお願いいたします

メルマガの最新号や登録はここからどうぞ。

購読は無料です

Wen-Do リーフレット(c)福多唯
11Wen-Doリーフレット2019.pdf
PDFファイル 659.1 KB