ああ、ダメだ、やられる…と思った瞬間に起きた、驚きの出来事とは?!

 

『つけられてた?!』

 

そう気づいたときには、背後からバンッ!!!!

 

暴力的に背中を押され、

扉が開いたばかりのエレベータ内に転がりこんだ私に、

 

男が手を伸ばしてきて、

ああ、もうダメだ、やられる…と思ったそのとき、

エレベーター内の画像
Image credit AKX_ on Wunderstock (license)

 

 

ああ、もうダメだ、やられる…と思ったそのとき、

 

 

口から出ていた言葉はなぜか、

 

 

「あっ! 人が来たっ!!」。

 

 

叫びながら斜め方向に目を向けると、

男は慌てて、その場から逃げ去って、いなくなりました。

 

 

誰もいなかったのに、

なぜそれが口をついて出たのか、

私にも未だにわからず驚きですが、

 

 

〈とっさのときには、声なんて、

 出なくなってしまうのではないだろうか〉

 

 

そんな気持ちもゼロではなかったので、

今は、そう思っていた私に伝えたい気持ちです。

 

 

とっさでも声がちゃんと出たよー。

 

Nさん、サクセスストーリーをありがとうございました!

 

*「こうして危機から免れた」なセルフディフェンスの体験談やご友人のお話などがありましたら、ぜひWen-Do Japanまで

メルマガの最新号や登録はここからどうぞ。

購読は無料です