SS:彼が服をもっと脱ぐまで待ちました

 

「ぜひ、私のサクセスストーリーを、Wen-Doの講座で使ってください」

 

ある講座を終えて、インストラクターが片付けをしていたところに

そのように話にきてくださったその女性の話です。

 

 

  *  *  *

 

 

彼女が海外に行ったときのこと。

右も左もわからない彼女に、とても親切にしてくれた現地男性がいました。

 

 

彼女は男性を信頼していたので、ある日一緒に映画に出かけ、

そしてその帰りのこと。

 

 

詳しいことは書けないのですが、

密室で、男性は暴力的に彼女に襲いかかってきたのです。

 

 

男性の豹変ぶりに恐怖を感じ、

とっさに声も出ず、身動きも取れず、

 

 

『なんとかスキを見つけてここから逃げなきゃ!』

その焦燥感でいっぱいの彼女は、

 

 

どうしようと思いながらも、

服を脱がされてしまったら逃げられない!と

服を脱がされそうになったとき、必死で抵抗したそうです。

 

 

すると逆に男性が脱ぎ始めました。

一瞬、彼の手が彼女から離れます。

 

 

 

『このまま彼がもっと脱ぐまで待とう』

なんと、彼女はその時にそう決めました。

 

 

そして、彼が上半身も下半身も脱ぎ、

「俺にここまでさせたのだから、今度はキミの番だ」と

彼女に再び手をかけてこようとしたそのとき、

 

 

「よく覚えていないんですけど、とにかく必死で、

 今だっ!と思って、ガツンと反撃したんです。

 そしたら彼がうっとなったので、

 部屋の出入り口近くまで逃げました」

 

 

「彼が追って来るかもと怖くなり、

 後ろをチラッと見たら、裸の彼は服を着ようとしていました。

 それで、よし!!と、あとは全速力で逃げました」

 

 

 *  *  *  *  *

 

 

話す途中で何度も

 

 

「私が、彼について行ったのが悪かったのですが」と

その女性はおっしゃいました。

 

 

いえいえ。

ついて行こうが恋人だろうが夫婦だろうが、

 

合意がなく暴力的にそんなことをされて良い理由などありません。

 

『もっと待とう!』とお考えになったなんてすごいです。

 

サクセスストーリーのご提供、ありがとうございました。

 

 

メルマガの最新号や登録はここからどうぞ。

『購読』とあるけど無料です

Wen-Do リーフレット(c)福多唯
Wen-DoリーフレットHP用light.pdf
PDFファイル 429.4 KB