考える力のエンパワー: TOCfE〜教育のためのTOC

知的な力に劣等感はありませんか

 

「女は感情的だ」。

 ひと昔前には当たり前のように聞かれましたが、今ではこうした意見に対して「それってどうかな?」と言える人が増えてきました。

 

 一方で、自分のこととなるとどうでしょう。

 

「私は感情的だから…」と、知的な思考力への劣等感が頭をもたげてしまう、そんなこともあるかもしれません。

 

 もしそんなあなたに、秀逸な「考えるための道具」があれば、どうなるでしょう。

 

 しかもそれが、未就学児から大学教授、世界的大企業の幹部の人たちなど、あらゆる人に実際に役立っていて、世界中で使われている普遍的価値の高いものだとしたら…?

 

 良い調理器具で料理が美味しくできるように。

 

 良い文房具が作業を美しく効率化してくれるように。

 

 思考にも、『良い道具』というものがあります。

 中でもオススメなのが『教育のためのTOC』です。

 

 

【Wen-Do Japanが「教育のためのTOC」を広める理由】

 

 ケア役割の課されやすい女性には、男性に比べると、思いやり・笑顔・配慮などの感情労働が過分に求められてきました。

 

 生きにくさを抱えている場合には二重の意味で大変です。たとえばトラウマは人の感情調節や認知面に大きく影響します。

 

 でも、人はそこで終わりではありません。

 

 特に、他者をケアするよう社会化されてきた女性は、「本当にこれでいいのかな」と自分の言動を内省する力を秘めています。

 

 ほんのちょっとの学びで、女性の思考力は飛躍的に向上し、女性はもっと生きやすくなれます。

 

 

 その信念のもと、Wen-Do Japanでは講習やセッションに『教育のためのTOC(略称:TOCfE)』を取り入れ、女性の考える力のエンパワーにも力を入れています。

 

 

【「教育のためのTOC」とは】

 『教育のためのTOC』は、信頼と実績の厚い《思考のための良い道具》。

 クリティカルシンキングと建設的なコミュニケーションに役立ち、世界中に広まっています。

 

・年齢を問わずに使えるシンプルさ!(未就学児も使えます)

・考えや戸惑いなどを整理できる

・本当に問題なのは何かを考えることができる

・理想的な目標を目指してどうしたらいいかの道筋を作れる

 

 上記のメリットが全て揃うこの方法は、使えば使うほど自分の判断・選択・決断への自信を高めてくれます

 

 

●こんな気持ちにぴったりです

 

 ・知的な人に憧れるけど、私って感覚的なんだよね…。

 

 ・何か言わなきゃ!って時ほど頭が真っ白になってしまう。

 

 ・指示命令ではない関わりかたや教え方を習得したい。

 

 ・皆の意見や気持ちを尊重できるファシリテーションを学びたい。

 

 ・相手が自分で考えて決められるようにサポートしたい。

 

 ・わからなくてもくじけずに考えられるタフさが欲しい。

学びかた・料金

ご自宅で、ご都合の良い時間で。

このメニューは面談でも承ります。zoom 活用もOKです。

 

【メニュー:2つのコースから選べます】

 

おためし(初回のみ)(45分)(パーソナル専用)

 

 頭の中の思いの整理の方法とポイントをご紹介します。

 

 ・45分、5000円(面談の場合は交通費や会場費等別途)

 ・面談、またはzoomで行います。

 

 

基礎

 

 様々な考え事や悩みをスッキリさせる、思考のための基礎項目を、1回にひとつずつ習得できます。

 全4項目あり、一通り学ぶには4回の受講が必要です。

 とりあえず1回だけでの受講も可能です。

 

●パーソナル:1回60〜75分、1万円(面談の場合は交通費や会場費等別途)

●グループ:1回90分〜、2〜12人程度

(料金は人数規模や研修目的等によりご相談)

 

  

 

 

【zoomの場合の推奨環境】

・ご自宅の個室または屋内の静かな場所など、集中しやすく雑音の少ない場所からご参加ください。

 

・可能でしたらパソコンかタブレット等を推奨します。(画面に資料を写すため)

 

・zoomスキルは不要です。zoomでのカメラ・ビデオのオン/オフさえできれば大丈夫です。

 

【お申込み】

 

1)ボタンからフォームにて、希望メニューをお知らせください。

 

2)お申込者様と日時調整をへて、開催となります。

 

3)zoom開催の場合には、開催日までにアクセスURL等をお知らせいたします。

  

◆お問合せもお気軽にどうぞ

上記説明の他にも、ご不明点はあるかもしれません。

どうぞお気軽にご連絡ください。

メルマガの最新号や登録はここからどうぞ。

購読は無料です

コミュニティ

Chatworkで情報交換。参加希望は画像↓クリックでお気軽にご連絡ください。

Wen-Do Japan chatwork