他団体からの情報(新着順)

開催日順ではないのでご注意ください(^^)

2016年

5月

09日

動画:ホワイトリボン(東京)

こんにちは。

 

2016年の大型連休に、ホワイトリボンキャンペーンジャパン設立イベントとしての講演会やシンポジウムが開催されました。

 

そのうちのひとつであり最終日の、東京でのシンポジウムの様子がフルで動画公開されています。

 

主催団体のおひとり(中村彰さん)がお知らせくださったものですので、広めていただいて大丈夫な動画と判断し、ご紹介させていただきます(^-^)

 

「男性の非暴力宣言2016 in Tokyo」
一般社団法人ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン設立記念シンポジウムの記録です。

 

Be a fair man!

女性への暴力撲滅へ向け、男性主体で取り組む世界的な運動「ホワイトリボンャンペーン」創設者のマイケル・カウフマンさんがカナダから来日。
「フェアメン」(暴力を決してふるわず、パートナーを対等な相手として尊重する男性)の輪を日本に、そして世界に広げていくために、共に語り、思いを共有しよう。

2016年5月1日(日)14:00~16:30
東京ウィメンズプラザ ホール

プログラム
第1部 プロローグ
ホワイトリボンキャンペーン(WRC)とは?
 伊藤公雄(WRCJ共同代表)

第2部 基調講演
世界に広がる非暴力男性の輪
 マイケル・カウフマンさん(WRC創始者)
 通訳:中野瑠美子さん

第3部 シンポジウム
女性に対する暴力をなくすために男性に何ができるか
 中野宏美さん(特定非営利活動法人しあわせなみだ理事長)
 佐々木朗さん(市議会議員)
 安藤哲也(WRCJ共同代表、NPO法人タイガーマスク基金代表理事)

第4部 エピローグ男性の非暴力宣言~フェアメンで行こう! “Be a fair man!”~

司会 多賀太(WRCJ共同代表)

主催: 一般社団法人ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン(WRCJ)
後援: 内閣府男女共同参画局、東京都
協力: NPO法人タイガーマスク基金

追記1

Wen-Do Japanの福多は京都の講演会に行き、その後ブックレットを購入して読みました。その感想等はこちら(福多唯のブログ)

 

追記2

関西大学でのカウフマンさんの講演について、関西大学のWEBサイトに掲載されています。こちらです

2016年

2月

02日

~3/29まで開催中:学習会・人生を変える

グループでの学習会のお知らせです。
題して
『ハーバードの人生を変える授業で人生を変える学習会』。
・2016年1月12日(火)の夜から、3月最後の火曜日まで。
 全12回
・毎週火曜日の夜、19:20〜20:40。
・場所は金沢市内(駐車場のある施設で予約手配中)。
・資料準備代などで各回700円(^-^)
→各回のテーマなど、
   
ご興味のあるかたはご連絡ください。
ご連絡はこちらのフォームから福多唯あてに「火曜日学習会の件で…」とお願いします。

 

 

2016年

2月

02日

他団体:子どもの安全教室

 

群馬県の『(特)女性とこどものいのちを守るぐんま支援センター ひこばえ』さんからいただいた情報です。

 

■こどもの安全教室

・3/6(日)10:30〜11:50

・二ノ宮保育園ホール(前橋市)

・参加費500円

 

申込みや詳細は、ひこばえHPにて

http://hikobaegunma.sakura.ne.jp

 

2016年

1月

26日

終了2/20金沢:カードワーク

 

★以下のカードワークは満員御礼+キャンセル待ちおふたりという盛況で開催することができました。

レビューはこちらです。

 

 *ワークに使うカードに説明書ができました。

 ワークの未体験者さんにもお求め・ご使用いただけます→詳細

 

金沢市内に昨年、理学療法士の友人が『シェアマインド金沢』というコミュニティスペースを開所しました。

そこでのワークショップです。

どなたでもご参加いただけます(性別不問)。

 

●ワークショップ

 『いるるん』を探せ!〜手がかりは120のカード〜


・日時

 H28年2月20日(土)13:20集合〜16:00

 

・共催

 (特)あかりプロジェクト

  Wen-Do Japan(福多唯)


・参加費(モニター特別価格):

 3000円(ロハスなケーキと有機豆コーヒーセットつき)

 *今回はモニターワークショップです。

  参加者さんはアンケートへのご回答をお願いします。


・内容

 恋に落ち、「やっと出会えた!」となって、

 誰かを愛おしく思うと、

 同時に自分のことがとても愛おしくなる…

 そんな感覚に覚えはありませんか(^-^)

 

『いるるん』との出会いはまさにそれに近い感じです。

 

 感情の奥にいる、私たちのパートナー。

 それが『いるるん』。

 当日は120枚のカードで、私の『いるるん』を探します。

 

・体験者の声

 「晴れ晴れとした気持ちになった!」

 「とってもスッキリして軽くなりました」

 「見える景色が変わった気がします」

 「自分のことがとっても愛おしく思えました」

 

・会場

 シェアマインド金沢(金沢市戸水1-25)にて

 

 *まずは金沢港や鞍月エリアを目指していらしてください。

  地図は以下のとおりです。

 

 *到着すると、ごく普通の家のようなコミュニティハウスがあります。

  駐車場は建物のすぐ脇から奥に入るとリハビリ用のフィールドがあり、そこに20台ほどまで大丈夫です♪

 

・持ち物

 筆記用具

 

・参加申し込み

  下記のボタンから『2/20カードワーク』宛でどうぞ。

2016年

1月

22日

3/10金沢:海外における予防回復P

講演会のお知らせです。

 

日時:H28年310日(木)18:3020:30

講師:DVや子ども虐待の予防や加害者対応に関してイギリスで先駆的に活動や研究をされているスタンレー先生

(逐次通訳あり)

主催:日本学術振興会・科研費助成事業

後援:金沢市

 

内容:

子ども虐待、DV、若者のメンタルヘルス等に関する

・予防・防止プログラムの実施について

・プログラムの評価について

・加害者へのアプローチ

・他職種連携について

 

Stanley先生はDVや子ども虐待の予防や加害者対応に関してイギリスで先駆的な活動や研究をなさっています。

 

お問合せ・お申込み

氏名、ご所属、連絡先(E-mail)を

こちらまでお知らせください。

(クリックで宛先メールアドレスが入力されます)

2016.3.10 DV&虐待 講演会.pdf
PDFファイル 553.1 KB

2015年

12月

21日

終了:大阪いくの学園:研修会

〜親密な関係における暴力サバイバーへの具体的支援を学ぶ連続研修〜

『親密な関係の暴力を考える 2016』

 

2016年1月9日(土)、10日(日)

ともに10時〜16:45

 

それぞれの日に3コマずつあり、計6コマの研修です。

チラシ画像やPDFでは締め切りが12/20となっていますが、

まだ受け付けていらっしゃるそうです。

 

*WEBからのお申し込みも可とのこと。

 画像2枚目(チラシ裏面)の申込要項をご参照の上、

 いくの学園のwebサイトからどうぞ。

 

いくの学園研修チラシ.pdf
PDFファイル 650.0 KB

2015年

12月

14日

1/23田房永子さんトークショー

トークショー
『うちの母ってヘンですか?』
お話し:田房永子さん(漫画家・ノンフィクションライター)

日 時:2016年1月23日(土)13時~15時
場 所:金沢市立泉野図書館2階レクチャールーム
定 員:50名(★要申込・先着順)
 →お申込はリンク先(こくちーず)からお願いします♪

主 催:金沢市、自分をみつけるママの会 Snigel m.
(平成27年度金沢市児童虐待防止推進事業)

【田房永子(たぶさ・えいこ)さん】
2000年「マンガエフ」にてデビュー。母からの過干渉に悩み、その確執と葛藤を描くコミックエッセイ『母がしんどい(KADOKAWA 中経)を2012年に刊行。同じく母との関係に悩む女性から多くの共感を集める。
2作目となる『ママだって、人間』(河出書房新社)では、自身の妊娠・出産を通しこの社会で「母親」でいることの窮屈さを描くことに挑戦した。
近著に『呪詛抜きダイエット』(大和書房)、『それでも親子でいなきゃいけないの?』『うちの母ってヘンですか?』(以上、秋田書店)がある。


2015年

11月

18日

終了:地域と生きる心の臨床

講演会

『地域と生きる心の臨床

 〜いじめ・不登校・自傷・非行など、子どもの示すサインとどう向き合うか』

講師:平野直己さん(北海道教育大学准教授)



*お問合せはチラシ内、

 または上記主催者団体名のリンクから主催団体さんへ。

メルマガの最新号や登録はここからどうぞ。

購読は無料です

Wen-Do リーフレット(c)福多唯
リーフHP用2018版1.pdf
PDFファイル 586.8 KB