Wen-Doの講演

Wen-Doでインパクト溢れる講演会に

 Wen-Doは、自治体等での採用実績を多数持つ、『女性のための、暴力防止プログラム』。インパクトの溢れる実技紹介と従来ありがちだった『女性向け自己防衛策』とは一線を画すメッセージが特徴です。

 多くの参加女性が「衝撃的でした・元気が出た・楽しかった」と感想を残すWen-Doの講演会には、『目からウロコが落ちる』ような気づきのきっかけがたくさん含まれています。


 《講演会形式でのご依頼の例》

 

定員を多数にしたい(来場見込みで40人を超える規模)

受講対象者を『女性のみ』にはできない事情がある。

・これまでに講演以外を開催したことがないので、来場見込みのかたは皆が講演をイメージして脚を運ぶことが予想される

・護身術講座ではハードルが高いが、『女性に対する暴力防止』の講演なら皆意欲的に来てくれる(*高年齢女性の多い団体さんなど)

ハンディキャップを持つ当事者の会などの主催で、介護者も含めると多数の来場者数が予想され、かつ、全員に楽しんでもらえる事業にしたい。


講演に要する時間

 30〜75分程度(質疑応答含む)。

 *実技紹介(デモンストレーション)と組み合わせる場合は2時間程度まで、講演(定員多数)+体験会(任意参加、定員20人まで)とする場合はトータルで3時間半程度まで可能です。

 

■講演部分の内容例(女性会総会での講演例)

 ・女性に対する暴力とは

 ・女性に対する暴力がなかなか減らない社会の要因

  「傍観者効果」

  「自己責任という抑圧」

  「ジェンダーバイアス」

 ・女性には『暴力被害を回避・軽減する力』がある

 ・どのようにして女性の力の発揮を後押しするか

 ・暴力現場で状況を変えるための「なにか」

 ・効果アップの4要素:「おやり♪ 大丈夫!」

 ・頭を使う護身術(成功談)

 ・身近な物を使う護身術(アイデア紹介)

 ・体を使う護身術(実技紹介)

 ・女性に対する暴力をなくすために

  これからの社会で充実させたいその他の方策


*講演は、事業主旨や対象者さんによってその都度内容を検討いたします。

*ご要望・講演時間・対象者や会場によってWen-Doの実技紹介やプチ体験なども取り入れます。

 

■Wen-Doの理念については

 ホーム→Wen-Doとは?誕生のきっかけと理念 


■参加者の感想・体験者の声は

 ホーム→Wen-Doとは?体験者の声 


■ワークショップの詳細は

  こちらのページ(Wen-Doを開催するには)にて

 

■費用については

  こちらのページ(講習代金・諸費用)をご参照の上、お問い合わせください


■お問合せ

 開催のお問合せのページよりお気軽にどうぞ

メルマガの最新号や登録はここからどうぞ。

『購読』とあるけど無料です

Wen-Do リーフレット(c)福多唯
リーフHP用2018版1.pdf
PDFファイル 586.8 KB