Wen-Doの特徴〜誕生のきっかけと理念〜

キティさん事件

Wen-Doは、1964年に起きた「キティ・ジェノバーズさん事件」をきっかけとして、カナダのトロントに住むPage一家がつくりました。

 

キティさん事件とは…。

 

アメリカのニューヨークという大都会で、刃物を持った男にキティさんは暴行を受けました。

 

誰の目にも明らかな酷い暴行だったにもかかわらず、

 

誰も、止めにも助けにも入らない。

誰も、警察を呼ばない。

誰も、救急車も呼ばない。

 

一説によると38人という多数の目撃者がいたそうです。しかしキティさんは命をおとすことになってしまいました。

 

*2016/4 追記

 キティさん事件の加害者は、

 2016年3月28日に刑務所にて81歳で亡くなったそうです。

 4月6日のニューヨークタイムズより(英語)

 

 

人目があっても助けてもらえるとは限らない…?!

多くの女性は幼い頃からこんな風に聞かされて育っています。

 

 

「危険を避けるには、なるべく人目が多いところを歩こう。そしていざとなったら助けを呼ぼう!」

 

 

しかし、キティさんの事件では、『人目があっても、助けを呼んでも、助けてもらえるとは限らない』ことが明らかになってしまいました。

 

 

この矛盾の説明として、「傍観者効果(*人は大勢の中にいると「私じゃなくても誰かがやってくれるだろう」と、自分を傍観者として位置づけやすくなるという心理傾向)」が知られています。

 

※キティ・ジェノバーズさん事件と傍観者効果について:Wikipedia

 

*日本でも、同様の性暴行事件が起きています。

2006年の8月、JRの特急列車内でのことでした。車内には40人近くの人が乗り合わせていたとされ、多くの人が様子のおかしさに気づいていたと推定されるにもかかわらず、それでも誰も行動を起こさなかった・起こせなかったと報じられました。

 

 

「傍観者効果」は女性が助けを得にくいことの説明のひとつですが、疑問は依然として残ります。

 

そもそもなぜ女性が男性から暴力を受けるというようなことが、私達の社会でずっと続いているのでしょう。

 

そして、

 

いざとなったら助けを呼べと推奨されながら、なぜ、被害にあった女性が後から、あらぬ噂をたてられたり、「きっとスキがあったんだよ」などと言われる《二次被害》が、後をたたないのでしょう。

 

 

暴力被害を継続させているのは「何」なのか

 

女性の多くは幼い頃から「女の子は、気をつけようね」と言われて育ちます。

 

 

『女(の子)は、男性から暴力のターゲットにされやすい。

 だから気をつけようね』という言葉は、

 

 

 『女(の子)は、男性から暴力のターゲットにされないように

 気をつけなければならないよ』と変形されることも多く、

 

 

女性への抑圧としても、機能しています。

 

 

「こうすべきだ」「こうしなくてはいけない」…と、

 

 

当事者ではない専門職者・権威者の主張は社会に広まりますが、当事者である女性の、意向・意志・経験・アイデアは、

『専門ではなく、権威もない』と思われてしまいます。

 

 

私達は、Wen-Doを通して、

 

 

『専門知識もなく、権威もなく、修練も積んでいないけれど、とっさにこうしたら、逃げることができました』

 

 

そう語る女性と、

 

 

そのようなリアルな声と方法にこそ、一般女性が希望を見出し、心を動かされ、生き生きと多くを習得する姿を見てきました。

 

 

Wen-Doでは、『何が』女性への暴力を継続させてしまっているのかにも目を向け、どのように意識を持てば私たち女性が暴力構造から自身を遠ざけることができるのかを、大切に考えています。

 

私の専門家は私

 

女性が安心してまちと人生を歩けるように!

 

女性が女性の力に信頼を寄せ、本当の声をあげ、望むことにチャレンジし、生き生きと活躍できるように、

 

Wen-Do Japanは、Wen-Doワークショップの普及をはじめ、女性のエンパワーに役立つ学習機会広めることで、女性の暴力被害を減らすことに貢献します。

 

 

 

体験者の声のページへ

 

メルマガの最新号や登録はここからどうぞ。

『購読』とあるけど無料です

Wen-Do リーフレット(c)福多唯
リーフHP用2018版1.pdf
PDFファイル 586.8 KB