講師までの道のり

1)CLDエキスパートになる

  

 CLDエキスパートコース(*またはそれに相当するコースや個別指導等)を受講します。

 

*Wen-Doがはじめてのかたも受講できます。

 

*講師トレーニングまでに、Wen-Doの短時間の講座の受講経験も必須です。

 

 

2)講師トレーニングで学ぶ(総時間でおよそ70時間)

 

 

3)講師アシスタントとしてデビュー

講師トレーニングの修了生は、実講座でアシスタントに入ることができます。

 

*アシスタント期間修了までに、日本赤十字社赤十字救急法(または同等のファーストエイド。CPRとAEDだけではなく、きずや骨折・急病対応等を含むもの)が必修です。

 

5)Wen-Doプログラムガイドとして講師活動へ♪

・最終検定を経て認定となり、Wen-Do Japanのチーム講師として登録します。

・この段階ではプログラムガイド=短時間講座ができる資格の取得となります。

 

 

・指導資格は更新が必要です。さほど困難な条件ではありません。詳細はトレーニング生にお知らせします。

 

費用について

 

 トレーニングは希望者さんが一定数になった段階で開催決定されるため、開催地で必要な経費や参加予定人数によって開催期ごとに費用の変動が生じます。

 混乱防止の観点から費用の公開は控えています。何かありましたらお気軽にご連絡・お問い合わせください。 

講師トレーニング担当から皆様へ

Wen-Do講師トレーニング担当 福多唯

こんにちは。

 

日本でのWen-Doの講師養成を担当する福多唯です。

このページまでご覧になってくださり、ほんとうにありがとうございます。

 

 

 私を含む日本での初代のWen-Do講師は、常に英語を介してカナダのトレーナーからWen-Doを学びました。

 

 

 カナダ本部側も大変だっただろうなと思います。特に私に関しては、英語力は日常の挨拶会話レベルでした。

 

 

 たとえば、Wen-Doでは体のパーツに関する単語が会話の中にバンバン出てくるので、その度にわからなくなります。

 

 

Scapula?? What is scapula?」と、

トレーナーの説明や皆の会話中に私が質問をし、

 

 

『それはね、背中の、上の方の左右に、二つ大きな骨があるでしょ、そこのこと』

 

 

「(ああ、肩甲骨か!)Now I see. thank you」

となるような。

 

 

 基本的な英会話力を身につけた上で来てくださいと言われかねない状況でも、そう言われたことは一度もなく、

 

 

『ごめんなさいね。Yuiは日本語も英語も話せるのに、私たちが英語しか話せないばかりに負担をかけて。でも、絶対にYuiを孤独にはさせないし、わからないことを抱えたままで日本に帰すこともしない。信じてね』と言ってもらいました。

 

 

 日本でのWen-Doの開拓期にWen-Doに出会うことができ、カナダメンバーから直接そのように学べたことは、私にとって最大の幸運だったと思います。

 

 

 そして、今からWen-Doを学んでくださる日本のみなさんに、カナダのWen-Doの真髄を受け継ぎながら、私たちの母語の日本語でWen-Doをお伝えできるのが、私の最大の喜びです。

 

 

 Wen-Doは、カナダのWen-Doの仲間たちがWen-Doを愛好する日本の私たちを全面的に信頼し、託してくれたおかげで、日本にも広まってきました。

 

 

 海の向こうの女性たちの情熱と愛情と信頼のプレゼントを、ぜひお受け取りください。

 

 

 そして日本でも、情熱と愛情と信頼のプレゼントをWen-Doを通じて一緒に広めてくださるかたが増えつつあることを、共に喜べたら最高です。

 

 

 活動にご関心のある方はいつでもご連絡ください。

 お待ちしています。

 

メルマガの最新号や登録はここからどうぞ。

『購読』とあるけど無料です

Wen-Do リーフレット(c)福多唯
LGHTforWEBWen-DoPDF.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 295.2 KB